2008年1月 6日 (日)

今年の技術立国

今年の技術立国はどのような技術が主力になるだろうか。

あっと驚く技術が出てきて、日本を明るくすることができるとよいだろう。

日本の技術立国には、技術者が重要となる。技術者に対して抜本的な対策が必要だろう。日本は技術立国なのだから、技術者の話があまり多くないのでは寂しいだろう。

技術立国は、技術者立国でなければならない。技術者立国でない技術立国というのは考えにくいだろう。

日本の競争力の低下が深刻になっている。日本は残業が多いのに、ヨーロッパの多くの国よりも1人当たりの収入が低くなってしまったようだ。

日本が本当に危機に陥れば、技術者立国に向けての日本の取り組みが待ったなしとなるのではないだろうか。

2007年11月 1日 (木)

日本の国際競争力は技術者頼み?

日本の国際競争力の順位が後退したようだ。

技術者が国際競争力の順位の向上に貢献している。

しかし、技術者以外の要因が足を引っ張っているようだ。

日本の国際競争力は、技術者頼みということなのだろうか。

技術者を大事にしなければ日本は崩壊するのではないだろうか。

2007年8月14日 (火)

技術立国と工学部

技術立国には工学部の役割が大きい。工学部は技術者の養成に大きな役割を担っている。技術立国のためには工学部の人気を高めることが重要だろう。

工学部の人気は学部の名前によっても変わるが、学部の名前を変えることで人気を出すというのは根本的な対策ではない。技術者の地位向上を行なって、技術者全体の人気を高めることが工学部の人気を高めるだろう。

技術立国のためには技術者の人気を高めて工学部の人気を高めることが重要になるだろう。

2007年7月17日 (火)

技術開発と技術者

技術開発を行なう技術者は、技術開発を技術者の地位向上に役立てることが重要である。すなわち、技術開発による技術者の地位向上が望まれる。

そのためには、各技術の技術開発に打ち込むことにより、技術者の地位が向上する以外に、技術者の地位を向上させる技術の開発が重要となるだろう。

優れた技術者の技術開発の才能は、技術者の地位向上のための優れた技術の開発に生かすべきである。すなわち、技術者は自らの優れた技術開発能力により技術者の地位向上を行なうことが考えられる。

今後の技術開発の取り組みの対象として、技術者の地位向上技術が重要となろう。従来、技術者は個々の技術の技術開発をしており、今後ともそのような技術開発は重要であるが、今後は技術者の地位向上技術の開発についても技術開発能力を発揮することが重要となる。

理系地位向上技術開発研究所は、そのような技術開発のための研究所である。研究活動を進めることにより、技術を蓄積し、技術者の地位を向上させることが重要である。

技術は累積性を有する。技術者の地位向上技術の技術開発を進め、技術者の地位を向上させる技術的な方法を蓄えていく必要があるだろう。

技術者の地位向上は、技術者の活動をより容易にするとともに、優秀な人材を技術者に集めて日本の技術開発を促進していくだろう。技術立国は、優秀な人材が技術者に集まっていくことにより促進される。技術者の地位向上の技術開発を行なって日本の技術立国を進めていく必要があるだろう。

2007年4月20日 (金)

技術立国の逆噴射

日本の技術立国を誇る人は多い。

しかし、実際に起こっていることは、理工系離れや、技術者を正社員でじっくり養成することから、技術者をコスト削減のために派遣労働者にすることである。

技術立国を日本の誇りとする人は多いが、技術者の待遇を引き上げようとする人は少ない。技術者の待遇を引き下げようとする人ならいっぱいいるのである。

技術立国の危機が迫っている。

2007年3月19日 (月)

技術者の出世

技術者等の理系の出世を加速するブログができている。

理系の出世加速ブログ

技術者が出世することが技術立国につながる面もあるだろう。

技術立国のためには、出世した技術者上がりの経営者による技術経営が必要になる。

技術者の出世は技術経営を通じて技術立国の実現に役立つであろう。

2007年3月13日 (火)

技術立国に技術者の待遇改善は必要か

技術立国に技術者の待遇改善は必要だろうか。

当然、最も重要なことの1つであろう。

しかし、技術立国が語られるとき、技術者の待遇改善は語られないことが多い。

最も重要なことが平然と置き去りにされている。

2007年2月10日 (土)

技術のありがたみ

技術のありがたみが実感できないと、技術者のありがたみが分からない。技術のないところでは、人は原始的な暮らしを強いられる。

携帯電話がなかった時代には、連絡がなかなかつかなかった。インターネットがなかった時代には、ちょっとしたことを調べるのに図書館に通っていた。タミフルがなかった時代には、新型インフルエンザがはやればおしまいであろう。

2007年1月31日 (水)

技術立国と発明

技術立国には、発明をする技術者の地位向上が大切である。

発明というのは、個人の力が大きなもので、例外はあるが、大勢でやっているように見えても、1人の個人の寄与が大きいことが多い。

実は、個人を重視することが技術立国には重要となる。

技術立国というのは、国からの視点であり、個人はその手段にすぎないようにも思える。

しかし、技術立国というのは、技術者個人を押しつぶして、国さえ栄えればよいという考え方ではない。

国を挙げて、技術者の地位を向上させていくというのが、真の技術立国である。

国、企業が、1人の技術者を盛り立てるために、その集団の力を精一杯使ったときに、技術立国はなし遂げられるのである。

日本の文化力、科学技術力 - 個人主義と集団主義を超えて 

2007年1月20日 (土)

技術者の政治参加の重要性

技術立国の実現には、技術者が政治参加することが重要である。

技術者の数は、医師よりも多い。しかし、医師に比べると、技術者の連帯の度合いは低く、政治力は弱い。

医師会は、日本の政治に影響力を持っている。しかし、技術者の政治的な会で強力な影響力を有するものは思い浮かばないのではないだろうか。

技術者が、医師と同じくらい、地位向上のために連帯すれば、人数が多いから、相当な社会的な勢力になる。そうなれば、理系離れなどの社会問題も解消に向かうであろう。

さらには、技術者が、医師など他の理系と連帯し、理系全体の連帯を進めていくことも大事であろう。

技術者は、世俗的な活動にあまり関心を示さない傾向が強く、人数の割りに、政治力が著しく弱い。技術者本人は、それでよいと思う人も多いだろう。

しかし、それでは、理系離れが進行し、次の世代の若者が、理系に進めなくなっていく。現世代の技術者の政治参加は、技術者自身だけの問題ではなく、次の世代の問題、日本全体の技術立国の問題にかかわっている。

技術者が自らの政治的な関心の低さにより、理系の地位の低下を放置すれば、日本の技術立国は、人材面で崩壊し、日本全体に悪影響が及んでしまう。

技術立国の実現により、日本が長期的な繁栄を実現できるかどうかに最も強く影響されるのは、次の世代の若者なのである。